大学の医局人事というのは医師にとってどんなものなのでしょうか。
閉塞感を感じるという人もいますし、心労で倒れてしまう人もいるそうです。
医局人事というのはルールというものはないそうです。
医師が医師として生きようとすると難しい問題にぶつかったりするそうです。
医局員のことも考えてしがらみに縛られてということもあるそうです。
医局員の人事をとやかく言うことではないのかもしれませんが、ある種の閉塞感を感じてしまうそうです。
医師というのは使命感があると思います。
この使命感から医師として感じる閉塞感を打ち破ることができるという人もいます。
がむしゃらにハイスキルを目指して突き進んでいくか、自らが選ぶフィールドで活躍するか、それぞれ医師が選択すればいいといいます。
医局人事は気まぐれに見えることもあるそうです。
突然、教授が戻ってきたら、確約されていたポストはキャンセルになったりするそうです。
人間不信に陥ることもあるそうです。
与えられた環境で働くというのが良い時期もあれば、飛び出してみたいと思う時期もあるかと思います。
けれど、体を壊してしまうこともあれば、裏切られたと悩み苦しむこともあると思います。
どのような医師人生を選ぶかは自分次第ということだと思います。
現状を見つめる、今いるポジションで何をするべきか。
将来こうなりたいというビジョンを常に描いておくことも大切だそうです。
転職は、自らの望むということも大切ですし、その環境を選びたいという希望も大切だといいます。
医局の人事を受け入れるのが当たり前と言われていた時代とは少し違っているのかもしれません。
自分の人生を考えていろいろなルートを考えることも必要だと思います。