転職を考えている人の中には、大学の医局を初めて離れる人もいれば、何回も転職経験を持っている人もいるかと思います。
転職を考える人の立場は様々です。
医師が考えることは医局を離れるとどうなるかということだそうです。
転職すれば組織は変わります。
チャレンジするのも自分ということになるかと思います。
教授の言葉はとても重いというのが誰しも思うところのようです。
医局を退職しようとすれば、教授に話をしなければならないそうです。
そしてどうしても言い出せない雰囲気になったりもするそうです。
また、教授の方も他に移ってほしくないという気持ちを隠さなかったりするそうです。
こうなると気持ちはとても揺り動いてしまって、転職への希望もしぼんでしまうそうです。
けれど、経験者によると結局自分が決断しなければ人生は動かないということだそうです。
自分の人生を自分で決めるというのは当たり前のようで、なかなか踏み切れないこともあるかと思います。
医局で働いていて、不満や疲れを感じるのも人それぞれだと思います。
学会の発表、論文作成、後輩の指導、日々の診療と常に仕事をしているような感じでも充実していると感じる人もいれば、仕事に追われていると感じる人もいるかと思います。
また診療時間以外の雑用もどんどん出てくるわけですから、疲れ果てると考えてしまう人もいて当然だと思います。
何が転職の動機になるかは分かりませんが、自分に合う環境は何かと考えることも人生の中であっていいかと思います。
そこで転職も視野に入れて考えていけば、一歩踏み出す勇気にもつながると思います。
成功する転職があるということをしっかり知ることもこの勇気に一役買うのではないでしょうか。