若い医師の中でも最近は転職を考える人が増えてきたそうです。
そこで悩むのが医局を退局することだそうです。
進みたい道もあって、退局の意思もあるけれど、この退局を伝えることができない人も多いそうです。
また退局の意思を示しても、引き止められてしまって転職を断念するという人もいるそうです。
医師の中には医局を離れても生活できるのかという不安があるそうです。
医局に退局の意向を示したら、引き止められるだけではなくて、勤めている大学病院と転職先の病院との関係を断ち切るとまで言われることがあるそうです。
自分のことだけではなくて、転職先の病院にまで迷惑をかけるということで転職を断念したという人もいるそうです。
このような揉め事にならないように、医師と大学病院はとことん話し合う必要がありますし、双方が納得しなければ転職は成功しないのかもしれません。
反対に、医局を辞めることをすんなりと認めてくれる病院もあるそうです。
また、時間をかけて自分の意思をわかってもらうような努力をすることも有効だそうです。
親の介護など急な転職を余儀なくされている場合はともかく、時間をかけて自分の夢なりを分かってもらうという態度も必要かもしれません。
ただ最近では時代も変わって、教授が人事に強い発言力を持っているというのも少なくなったそうです。
教授が一声で人事が決定するという時代ではなく、医局員の生活も考えた上での人事が行われるようになってきたそうです。
医局も変化してきているということのようです。
医師と大学、派遣する側とされる側とで、うまく機能して医師のストレスが少しでも軽くなるようになれば、医師たちの選択肢ももっと増えるのかもしれません。